ゆがみを改善する

腰痛

姿勢のゆがみはありとあらゆる状況や状態で起こりやすく、あまり体の動かすことのない内勤の事務員や重量物の荷物を扱う倉庫内作業員、建築現場での作業員など、様々なケースで体のゆがみの悪影響が及びます。内勤の事務員では同じ姿勢が長く続くことによる血行障害で腰痛や肩こりを伴った頭痛になり、体を動かす作業員などでは無理な姿勢での作業や、物の扱いによっては過度な負担がかかり、つらい腰痛や肩こりなどの原因になりかねません。そういった場合にはまずなによりも体のゆがみを直して凝り固まった筋肉をほぐし、血行を良くする取り組みがよいといえます。その中でも整体は体全体のゆがみを取り去って、体本来が持つ機能を格段に向上、回復させます。

整体は手足を利用して痛みの原因となる腰なり肩なりの周りのツボを押していき、またひどい症状の場合であれば針治療などを行って体本来の持つ機能を回復させます。整体により手足を使用する場合、針治療を行う場合、両方に言えることですが体の血行を良くすることにより血液循環が良くなり、体に温室効果が得られるので、おのずと新陳代謝が向上して以前よりも痩せやすい体作りに役立ちます。また温室効果が招くデトックス効果で体の老廃物を排除し美肌効果も得られることでしょう。 整体に日々通いつつ、日常的な業務に就く前に作業前と作業後にしっかりとしたストレッチが大切です。ある程度作業前などに体をほぐしておけば何か起きた時にも怪我を防ぐことができ、意識もできるので素早く対応ができます。